ヒューマン・インベントリーは三井住友銀行を中心とした派遣や転職、求人などの人材サービス会社です。職業紹介優良業者認定。

メニュー

スタッフインタビュー


11件中1件表示

Mさん(男性 50代前半)

金融機関 副支店長 → 社会福祉法人 事務長候補

Mさんは、大阪府内の金融機関に長年勤務し、副支店長を勤めた後、退職されました。その後再就職をご希望、ヒューマン・インベントリーに登録されました。当初は前職で培ったキャリアを生かすべく、金融機関における営業職を希望されていました。
ヒューマン・インベントリーでは、大阪府内で老人ホームを複数展開している社会福祉法人にて事務長候補の人材を探しているとの求人情報をキャッチ。担当コンサルタントが適任と判断したMさんをご紹介、数度のコンサルティングや面談を経て、採用が決定いたしました。

成功のポイント

+αを見出すコンサルティング
当初、金融機関での営業を希望しておられたMさんにとっては、社会福祉法人の事務長という職種は、まったくの想定外。当然、Mさんは「はたしてできるかどうか・・」と悩まれました。しかし担当コンサルタントは、コンサルティングの結果、スキルやキャリアはもとより、Mさんの
・ 温厚で穏やかな人柄、
・ 副支店長としての部下管理経験、
・ 営業経験者ゆえの人当たりのよさ、
に着目。 それらがすべて、社会福祉法人という職場でも生かされる特性であることをMさんに説明した結果、Mさんは転職に踏み切られ、現在満足感を持って職務に励まれています。
このように、転職希望者ご本人が気づいていない適性、つまりスキルやキャリア「+α」の部分を見出すこと。そして特定の職種にこだわりすぎないようアドバイスし、検討の幅を広げるのもコンサルタントの大きな役割です。Mさんの場合も「金融機関の営業」という思い込みを払拭したことで検討の幅が広がり、転職成功につながりました。

担当コンサルタントより

最初はMさんのように、自分が過去に経験した職種だけを転職先としてお考えになる方が大半です。もちろんそれで成功する場合も多々ありますが、時には全くの異分野の求人にも目を向けることで、よりよい転職ができることもあります。この場合重要なのはキャリアやスキル+αの部分、つまりお人柄や個性の部分です。それを見出すために、コンサルタントはとことん皆さまのお話を伺います。『○○しかやったことがない、できない』とご自分で決めてしまわず、ぜひ一度私どもにお話をお聞かせください。

11件中1件表示

非公開求人多数ご紹介可能

転職エントリー